ご質問はこちら

Uber アカウントを安全に保つ

フィッシング詐欺とは何ですか?

フィッシング詐欺とは、Uber のアカウント情報 (メール アドレス、電話番号、パスワード) を不正に入手しようとする行為です。フィッシング詐欺が成功すると、個人情報の盗難や経済的損失につながる可能性があります。

フィッシング詐欺には、電話でアカウント情報を尋ねるものもあります。また、テキスト メッセージまたはメールを介して行われることもあり、偽のログイン ページに誘導するファイルまたはリンクが添付されている場合があります。

よくあるフィッシング詐欺

  • パスワードとアカウント情報を求める偽の「Uber サポート」からの電話またはテキスト メッセージ
  • 個人情報と引き換えに Uber クレジットを提供すると主張
  • アカウント情報を尋ねる迷惑電話や、偽のログイン ページにつながる SMS やメール
  • 割引商品を販売しているウェブサイトが Uber アカウントのログイン情報の入力を求める
  • アカウントにガソリン スタンドのギフト カードを追加することで、売り上げを偽のデビット カードに現金化するよう求めるメールまたは電話

アカウントを安全に保つために役立つ方法

どのような理由であっても誰ともパスワードを共有しないでください。そうすることで Uber アカウントをフィッシング詐欺の被害から守ることができます。Uber が電話やメールでパスワード、SMS コード、銀行情報、デビット カード/クレジット カード情報の提供を求めることは決してありません。

フィッシング詐欺のウェブサイトは Uber の正当なウェブサイトを模倣して設計されており、Uber のものに酷似した偽のログイン ポータルが含まれている可能性があります。そのため、ウェブサイトに Uber パスワードを入力する前に、ブラウザのアドレス バーの URL が https://uber.com または https://auth.uber.com/ であることを確認するようおすすめします。

アカウントを保護するための 3 つの方法

  • パスワード、受け取ったコード、社会保障番号を、メールや電話で決して共有しない。
  • Uber の偽のウェブサイトを避ける。実際の Uber ウェブサイトの URL には必ず「uber.com」が含まれています。
  • 乗車中に乗客があなたのデバイスを使用しないようにする。
サインインしてヘルプをご覧ください