ご質問はこちら

2 段階認証を有効にする

2 段階認証を有効にすると、アカウントの安全性がさらに強化されます。2 段階認証が有効になっている場合、Uber アカウントにサインインするたびに、認証コードとパスワードの入力が必要になります。

認証コードを取得する方法は 2 通りあります。

1. Uber からテキスト メッセージで受け取ります。この場合、アカウントに電話番号が登録されている必要があります。
2. セキュリティ アプリをダウンロードしてコードを生成します。このオプションでは、アカウントに電話番号の登録は必要ありません。

アカウントの設定で電話番号を追加できない場合は、下のリンクからお問い合わせください。
2 段階認証を有効にしていない場合でも、アカウントの保護対策として Uber から認証を求められることがあります。たとえば、ユーザーが個人データのコピーを請求する場合や、ユーザー アカウントの削除を希望する場合に、ご本人による操作であることを確認するため、Uber から 2 つ目の情報を入力するよう求められます。

2 段階認証を有効にする

1. 乗客用アプリを開き、画面左上のメニュー アイコンをタップします。
2. [設定]、[セキュリティ] の順に選択します。
3. [2 段階認証] から [今すぐ設定] をタップします。
4. アプリに表示される残りの手順を実行します。

2 段階認証を無効にする

上と同じ手順を実行し、[2 段階認証] の画面が表示されたら [オフにする] をタップします。

認証コードの取得には、どのオプションを使用すればよいですか?

テキスト メッセージ:

2 段階認証の設定に使用した電話番号宛てに、Uber からテキスト メッセージで認証コードが送信されます。一般的なテキスト メッセージ サービスの使用料と、データ通信料がかかります。

旅行中や携帯電話がサービス圏外の場合はテキスト メッセージを受信できないことがあります。

セキュリティ アプリ:

認証コードはセキュリティ アプリで生成されるため、アカウントに電話番号を紐付けする必要はありません。

これらのアプリはオフラインでも使用できるため、旅行に出かけることが多い場合や、携帯電話以外の機器で配車をリクエストする場合に適しています。

バックアップ コードについて

認証コードが届かない場合、バックアップ コードを使用してアカウントにサインインできます。

2 段階認証を設定した後、バックアップ コードを記録して安全な場所に保存することをお勧めします。携帯電話の紛失時にアカウントにアクセスする必要がある場合に、保存済みのコードで Uber アカウントにサインインできます。

バックアップ コードを使ってサインインする

1. 認証コードの入力画面で [トラブルが発生している] をタップします。
2. [バックアップ コードを使用する] を選択し、保存したバックアップ コードのいずれかを入力します。

各バックアップ コードは 1 回限り使用できます。コードをすべて使用してもサインインできず、新しいコードを取得できない場合は、下のリンクからサポートにご連絡ください。
2 段階認証についての詳細は、下の記事をご覧ください。