ご質問はこちら

Uber による乗客の位置情報の取り扱い (iOS)

配車サービスの位置情報の取扱いについて

乗客の皆様にいつでも安全で確実に配車をリクエストしていただけるよう、Uber はお客様のモバイル端末の位置情報サービスを使用します。位置情報データは、配車、ナビゲーション、カスタマーサポートなどのサービス改善に活用されます。

iOS 端末をご使用の場合、3 つの位置情報設定から 1 つを選択してください。

- [常に許可] :Uber アプリを起動してから乗車が完了、またはキャンセルされるまでアプリが位置情報を収集する可能性があります。アプリの起動には、アプリがバックグラウンドで起動している場合も含みます。

- [このアプリの使用中のみ許可] :アプリを使用中で、かつ画面にアプリが表示されているときに位置情報を収集する可能性があります。Uber がバックグラウンドで位置情報を使用する場合、アプリがアクセスの許可を求めます。

- [許可しない] :このオプションを選択する場合、Uber アプリの位置情報サービスが無効になります。アプリを使用できますが、乗車場所と降車場所を手動で入力する必要があります。 アプリの位置情報サービスが無効になっていても、乗車中はドライバーの位置情報が収集され、ご利用のアカウントにリンクされます。

お使いのモバイル端末で位置情報設定を管理するには、次の手順を実行してください:
1. お使いの端末の [設定] を開く。
2. [プライバシー] の次に [位置情報サービス] をタップ。
3. [Uber] をタップ。
4. [常に許可]、[このアプリの使用中のみ許可]、[許可しない] のいずれかを選択。

自転車とキックスクーターの位置情報の取扱いについて

必要なときに自転車やキックスクーターを簡単にお使いいただけるよう、Uber はお客様のモバイル端末の位置情報サービスを使用します。位置情報データは、サービスを安全にご利用いただくためや、使用中および使用後にカスタマーサポートを提供するために欠かせない情報です。

iOS 端末をご使用の場合、3 つの位置情報設定から 1 つを選択してください。

- [常に許可] :アプリを起動してから乗車が完了、またはキャンセルされるまで、アプリが位置情報を収集する可能性があります。アプリの起動には、アプリがバックグラウンドで起動している場合も含みます。

- [このアプリの使用中のみ許可] :アプリを使用中で、画面にアプリが表示されているときに位置情報を収集する可能性があります。バックグラウンドで位置情報を使用する場合、アプリがアクセスの許可を求めます。

- [許可しない] :このオプションを選択する場合、アプリの位置情報サービスが無効になり、自転車とキック スクーターを利用できなくなります。自転車とキック スクーターを利用する場合、位置情報サービスをオンに設定する必要があります。

アプリを使用していない時や端末のバックグラウンドで実行されている時でも、Uber の所有物を保護する目的、利用者の安全を確保しカスタマー サポートを提供する目的、ならびに地域の法律を遵守する目的で、車両の位置情報が収集されます。

お使いのモバイル端末で位置情報設定を管理するには、次の手順を実行してください:
1. お使いの端末の [設定] を開く。
2. [プライバシー] の次に [位置情報サービス] をタップ。
3. [JUMP] をタップ。
4. [常に許可]、[このアプリの使用中のみ許可]、[許可しない] のいずれかを選択。

国や地方自治体との共有

都市、政府、地域交通局に対し、サービスの利用に関する情報の共有が義務付けられている場合があります。
このような場合、Uber はプラットフォームで車両の地理位置情報とタイムスタンプのデータを収集します。

都市に提供するデータは各サービスの利用開始地点、利用終了地点、および、ルートに関する情報です。いずれも個人の携帯端末から収集されるものでなく、また直接的に利用者を特定するものではありません。ただし、加工や操作を行う一定の条件下では個人を特定できる可能性があります。このような場合、乗車の前に Uber から通知が届きます。

注意事項
- 不正の防止や安全にかかわるアクシデントの対応など、特別な状況下においては、Uber は [アプリを使用中] に設定している乗客からバックグラウンドの位置情報を収集する可能性があります。その場合、画面に通知が表示されます。

Uber は、ユーザーに関するプライバシー通知に基づき、お客様の位置情報データを取り扱います。